激安カラコン通販★プリモカラー
日本全国送料無料!

  • サイト移行のお知らせ

    当サイト(プリモカラー)は2015年5月1日より、下記サイトへ移行することとなりました。

    上記ロゴ画像をクリックしていただき、2015年4月30日までに新規会員登録を行なっていただきますと、500ポイントプレゼント致します。
    ※ポイントの反映には1週間程度かかる場合もございます。予めご了承ください。
    ※現在プリモカラーで所有しているポイントは新サイト(QUEEN EYES)ではご利用いただけません。残ポイントがあるお客様はお早めにプリモカラーでご利用ください。

ケータイやスマホの普及によって、いわゆるコンデジ市場が急激に縮小しているそうです。
コンデジに変わる、新たな路線を開拓しようと、カメラメーカーはいろんなアイディアで商品を発表しています。

プリモカラーブログで以前取り上げたもので言えば、コンデジサイズでレンズ交換ができる「Pentax Q」や、カメラという概念を外見から見なおした「PowerShot N」、コンデジサイズで大きなセンサーできれいな画が撮れる「リコーGR」と、様々な視点で面白いカメラが発売されています。

今回、ソニーさんが新機軸のアイディア商品を開発し、話題になっています。
とりあえず、そのリーク画像を御覧ください。

Sony QX-100

ソニーのレンズスタイルカメラ「DSC-QX100」の画像&スペックに関する情報 – デジカメinfo

ただのレンズに見えますが、センサーを搭載していて、これだけで撮影できるそうです。
実際はこんなふうにスマホに取り付けて使うそうです。

QX10_with_XperiaZ

(SR5) Hot! First images of the new DSC-QX10 and DSC-QX100 lens-cameras! | sonyalpharumors

スマホとこのカメラはWifiで接続されて、スマホのアプリからカメラを操作するそうです。
スマホの使い勝手で、大きなレンズ・大きなセンサーのきれいな絵が取れる、というイイトコどりの商品ですね。
面白いアイディアです。

こちらはリーク画像とのことで、ソニーさんからの正式発表はまだのようですが、近々発表される模様です。
「DSC-QX100」「DSC-QX10」の2機種が発表される模様で、上の写真が「DSC-QX100」、下のスマホにつけた画像が「DSC-QX10」だそうです。

価格は「DSC-QX10」が2万半ば、「DSC-QX100」は5万ぐらいとのことで、ちょっといいコンデジぐらいの価格ですね。

スマホの普及で写真・動画は本当に身近なものになりました。
その影で、従来のカメラメーカーが割りを食っているのも事実。
生き残りをかけて、各社知恵を絞って、いろんなカメラを発売しています。
そういった意味で、カメラ・写真好きにとって、今は非常に面白い時代ですね。(^O^)

もうホントに今日はこの話題しかナッシング! (*゚∀゚)=3 といった感じです。
ペンタックスリコーから、最高級コンパクトカメラ「リコーGR」が発表されました。

リコーGR

GRシリーズ最高画質のコンパクトデジタルカメラ「GR」新発売|PENTAX RICOH IMAGING

GRという機種はフイルムの時代からスナップ写真家に根強い人気を誇るブランドです。
日常を素早く切り取る、そういった用途に向けて機能が設計されている実に官能的なカメラです。・:*:・(*´エ`*)・:*:・

今回のGR、デジカメになってから5代目のモデルで、今までのGRデジタルから大幅なモデルチェンジがなされています。

一番の目玉はセンサーサイズが大きくなったこと。
光を読み取るセンサーが大型化されたことで、これまでより、より多くの光が取り込め、より精細に光を記録できるようになりました。

そして、GRはGRレンズと呼ばれる、非常に高性能なレンズも特徴ですが、今回のモデルにもそれは受け継がれているそうです。

GRはコンパクトカメラですが、このカメラで活動しているプロのカメラマンもいらっしゃいます。
森山大道というかたですが、コントラストの強いモノクロ写真、「アレ・ブレ・ボケ」と呼ばれる革命的な手法で、非常に印象的な写真を数多く撮られています。

森山大道オフィシャルサイト|一般財団法人森山大道写真財団

こちらのまとめが人となりを知るのによいのではないでしょうか。

写真家 森山大道を知るための まとめ – NAVER まとめ

新GRの発表には森山大道さんも登場したそうです。

森山氏は2014年1月に沖縄で大きな写真展を開催するとのことだが、5月からはその作品のために本格的にGRで沖縄を撮影するという。

「GR」の発表会に森山大道氏が登場

とのことで、新型のGRも使用するみたいです。

プリモカラースタッフPandaはこのカメラの2代目を持っていました。
その時の感想は、ものすごく使いやすい、ということ。
オート以外で撮る、ということを初めて教えてくれたカメラでした。

機会があれば、GRをまた手に入れたいですね・・・。

過去にCAMELYPentax Q10など、気になる写真に関するガジェットを紹介して来ましたが、またもや気になる商品が発売されることになりました。

キヤノン:PowerShot N Special Contents|Top

なかなか、独特なフォルムのカメラですが、

従来のカメラにとらわれない形状になっており、シャッターボタンは存在しない。レンズのまわりにズームリングとシャッターリングがあり、背面には約90度に開くチルト式の液晶モニタ(2.8型/約46.1万画素)を搭載。ズームリングで画角を決め、シャッターリングは上下に動くようになっており、それを動かすとレリーズできる。この機構とチルト式液晶モニタを組み合わせる事で、自由なアングルでの撮影ができるとしている。これ以外に、液晶モニタをタッチしてもシャッターが切れる。

キヤノン、SNS連携に特化した「PowerShot N」 -AV Watch

ということみたいで、意外に撮影しやすようですね。

また、

キヤノンが培ってきた解析技術や画像処理技術などにより、1回の撮影で1枚のオリジナル写真に加え、画像のシーンを解析し構図や色調・露出を自動で調整した、5枚の写真を追加で生成する「クリエイティブショット」を搭載しています。これにより、日常の撮影から思いがけないアートのような写真を楽しむことができます。

 キヤノン:ニュースリリース

ということで、スマホなどの写真加工アプリをかなり意識したようですね。

実際、どんな写真が取れるかは、

キヤノン:PowerShot N Special Contents|Creative Shot

で確認できます。

そして撮った写真を、iPhoneやアンドロイドですぐさまTwitterやFacebookに投稿できる、ということなので、まさに至れり尽くせりです。

スマホとデジカメの一番の違いは、シャッターをきるまでの時間。
デジカメは写真専用にできてますので、スマホ以上にシャッターチャンスに強いです。
そのデジカメにスマホの写真加工アプリの機能が付けば楽しいことは間違いありません。

販売はキヤノンオンラインショップのみで、限定版と通常版が3月下旬から予約開始のようです。